ドイツ食文化

ドイツ食文化とは?

『食文化は、 食にまつわる文化を総称する概念であり、そこには食材、調理法といった食品に関わるものから、食器、マナー、外食産業などに至るまで多くの物事のあり方が含まれる。』(日本の農林水産省のホームページ)

ドイツ語で「食文化」はEsskulturといいます。Ess (Essen)の意味は中世時代の古高ドイツ語では「噛む、掴む」でしたが、現在、Essenという言葉は,食べ物、食事から調理方法まで,様々な意味で用いられています。Kulturの意味は「文化」です。

日本ではドイツの食文化はステレオタイプ化されている印象を受けます。ドイツ料理は「ジャガイモ、ソーセージ、ザワークラウトとビールしかない」のような考え方は思い込みです。ドイツの郷土料理、ドイツ家庭料理、ドイツのパン料理、ベジタリアン料理などはドイツの暮らしの豊かさを表現するものです。ドイツ式のアレンジやデコレーションはシンプルで美しい。全てはドイツ食文化の重要な要素です。


食文化の(ドイツの食文化も)の中で、食材、調理法、作り方、食べ方、食事の場所、食事をする人びと・地域の仕来りがあります。すべての栄養・食に関係する『文化的な分野』が食文化に含まれます。

⇒ ドイツ食文化の歴史・ GESCHICHTE & ESSKULTUR  (英語ではHistory of German cuisine)

⇒ ドイツクリスマス菓子・スパイス・ WEIHNACHTSGEBÄCK & WEIHNACHTSGEWÜRZE (英語ではGerman Christmas cookies & Christmas spicies)

⇒ 儀式・伝統・仕来り・ RITUALE & ZEREMONIEN (英語ではrituals)

⇒ テーブルマナー TISCHSITTEN (英語ではtable manners)
ウィキペディアのテーブルマナーの定義「は、それぞれの食文化が培ってきた決まりに従い、食事の際に用いられる道具を適切に使い、食事を共にする人々に敬意をはらう行儀作法のことである。」

⇒ テーブルデコレーション・ TISCHGEDECK (英語ではtable setting)

⇒ 郷土料理・ REGIONALE SPEZIALITÄTEN  (英語ではregional specialities)

⇒ ドイツの食品・食材・ LEBENSMITTEL (英語ではfood)

⇒ 食の和独英ミニ辞典・ Kulinarisches MINI Wörterbuch: DT-JP-EN (英語ではGerman Food Dictionary: GER-JP-EN)