ドイツ食文化

ドイツ食文化とは?

『食文化は、 食にまつわる文化を総称する概念であり、そこには食材、調理法といった食品に関わるものから、食器、マナー、外食産業などに至るまで多くの物事のあり方が含まれる。』(日本の農林水産省のホームページ)

食文化はドイツ語で【Esskultur】といいます。Ess (Essen)の意味は中世時代の古高ドイツ語では「噛む、掴む」でしたが、現在、Essenという言葉は,食べ物、食事から調理方法まで,様々な意味で用いられています。Kulturの意味は「文化」です。

日本ではドイツの食文化はステレオタイプ化されている印象です。ドイツ料理は「ジャガイモ、ソーセージ、ザワークラウトとビールしかない」のような考え方は思い込みです。ドイツの郷土料理、ドイツ家庭料理、ドイツのパン料理、ベジタリアン料理などはドイツの暮らしの豊かさを表現するものです。ドイツ式のアレンジやデコレーションはシンプルで美しい。全てはドイツ食文化の重要な要素です。

ドイツ家庭料理