中世ドイツの野菜とハーブ・ヒルデガルトの教え

中世ドイツの野菜、暑い日本の夏にぴったり! 

ヒルデガルトのハーブと野菜を使って、暑い日本の夏を乗り越える:)

ヒルデガルトの教え・書物に記載されているハーブと中性ドイツの野菜の効果を知って、それらを組み合わせて使うと生活は豊かになります。ドイツでは多くの人がハーブティー以外、料理、飲み物にハーブを使っています。野菜も夏の飲み物を作るのにぴったり。ハーブを大きく分けると「メディカルハーブ」、「キッチンハーブ」、「野生ハーブ」の三つのグループになりますが、はっきり一つのグループだけに入っているハーブは少ないです。ハーブ以外にも「野菜」の大切な役割・効果もヒルデガルトの書物に残されています。今回、野菜とハーブの力を借りて、暑い夏を乗り切る体と心のバランスを目指しましょう:)

日独歴史セミナー・日程

【日時】2019年7月27日(土曜日)
【時間】9:30 〜 11:30
【会場】東京都ウィメンズプラザ
【定員】15名
【参加費】1,900円(当日現金払い)・1,500円(事前銀行振込)

*到着しましたら、部屋の入り口でお会計をお願いします。
*参加のご希望の方、必ず事前申し込み(メール)をお願いいたします。

【プログラム】

① 入門・ヨーロッパのハーブと野菜の歴史。
② 女性修道院長ヒルデガルト(ヒルデガルド)の野菜・ハーブ・果物についての考え方。
③ 中世時代からヨーロッパにある野菜・果物・ハーブ。
④ ドイツ食文化=ハーブ食文化+野菜文化。⭐︎⭐︎⭐︎”涼しい”ハーブ体験⭐︎⭐︎⭐︎
⑤ ヒルデガルトが知らなかったドイツ食の主役【ジャガイモ】はいつヨーロッパに来たか?
⑥ ヒルデガルトの教えの中の「台所の毒」Küchengifteのイチゴ、プルーン、長ネギ…
⑦ 暑い夏を乗り越えるための力になる胡瓜・冷たいスープ・キューリドリンクレシピ紹介。***忙しい人向けの簡単なレシピです。材料もお手ごろ価格でスーパーにあります!***

※夏も涼しく感じるようになるレシピはオリジナルドイツのレシピ、短時間(30分以内)で作れます。材料も全部日本のスーパーで買えます。

  • 皆さんからのヨーロッパのヒルデガルトに関してのご質問・ご意見もお聞かせください!
  • 涼しくなるドイツの飲み物をご用意致します!
  • 順番や内容は当日変わる可能性があります。

場所・アクセス

東京都ウィメンズプラザ
住所:東京都渋谷区神宮前 5-53-67
アクセス 東京メトロ銀座線表参道駅B2番出口より徒歩7分
東京メトロ千代田線表参道駅B2番出口より徒歩7分
東京メトロ半蔵門線表参道駅B2番出口より徒歩7分
東京メトロ銀座線・副都心線渋谷駅13番出口より徒歩10分
JR渋谷駅13番出口より徒歩10分(地下通路)