セージ  ヒルデガルトの知恵

セージ  ドイツ修道院のハーブ園の主役の一つ

中世時代の修道院のハーブ園に欠かせないハーブ「セージ 」の情報紹介です。地中海原産のセージ又はコモンセージの学名はSalvia officinalisで、和名はヤクヨウサルビアです。中南米やヨーロッパを中心に世界に約900種が分布します。

セージ(英語のSAGEから日本語の言葉)の名前の由来はラテン語にあります。意味は「元気」=SALVUS 又は「治る」=SALVARE。

ドイツ語=der Salbei 又は die Salbeiの名前の由来もラテン語ですが、中高ドイツ語のSALBEIE、古高ドイツ語のSALBEIA、SALVEIAでした。

「セージは温・乾のハーブです。」”Der Salbei ist von warmer und trockener Natur. Er ist nützlich gegen die kranken Säfte.”
ーヒルデガルト・フォン・ビンゲンー


セージ ・コモンセージ 

セージ・ヒルデガルトハーブ


セージ ・ヒルデガルトハーブ


情報源:
① Xi-wen Li, Ian C. Hedge: Lamiaceae. In: Wu Zheng-yi, Peter H. Raven (Hrsg.): Flora of China. Band 17: Verbenaceae through Solanaceae. Science Press/Missouri Botanical Garden Press, Beijing/St. Louis 1994, ISBN 0-915279-24-X, S. 195 (englisch)
② J. B. Walker, K. J. Sytsma, J. Treutlein, M. Wink: Salvia (Lamiaceae) is not monophyletic: implications for the systematics, radiation, and ecological specializations of Salvia and tribe Mentheae. In: American Journal of Botany, Volume 91, Issue 7, 2004, S. 1115–1125
③ Chronic inflammation and oxidative stress as a major cause of age-related diseases and cancer. Khansari N1, Shakiba Y, Mahmoudi M.Recent Pat Inflamm Allergy Drug Discov. 2009 Jan;3(1):73-80.
④ Planta Med. 2013 Jun;79(9):753-60. doi: 10.1055/s-0032-1328552. Epub 2013 May 13. Salvia officinalis for hot flushes: towards determination of mechanism of activity and active principles. Rahte S1, Evans R, Eugster PJ, Marcourt L, Wolfender JL, Kortenkamp A, Tasdemir D.

 

間違った変な日本語がありましたら、大目に見てください:)日本語の文章を書くより話す方が得意な私ですが、ブログでドイツの知恵と豆知識、観光、外国語の情報を伝えていきたいと思います。

※ ベルリンジャパンは、当サイトに情報を掲載する際には細心の注意を払っておりますが、時として不正確な記載を含む場合があります。このような場合において、記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます。当サイトからのリンクによって得られるいかなる情報につきましても責任を負いません。