ドイツ家庭料理 かぼちゃスープ 簡単温活レシピ

ドイツの家庭料理 温活レシピ・かぼちゃスープ

ドイツ語→Kürbissuppe=Kürbis(かぼちゃ)+ Suppe(スープ)

温活の簡単でおいしいレシピの一つ:かぼちゃスープです。日本で気軽に作れるドイツ家庭料理の一品です。日本では「冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかない」と古くから言い伝えられています。その通りです!カボチャの成分を確認してみると驚くほど栄養たっぷりです。かぼちゃのビタミンCで免疫力がアップ、ビタミンEが血流をよくする作用など、βカロテンが豊富なかぼちゃは冬にぴったりな温活野菜ですね。手短な野菜:人参、玉ねぎと奇跡のスパイス生姜を加えると気軽に簡単な温活料理が20分程度でできます!大きな鍋で量を増やして二日分作り置きもできます!忙しい現代人の時間節約になります。

二日目の味がなじんたスープにお豆腐、お醤油とご飯を入れると、和風の味も味わえます。かぼちゃ鍋になります。

では、ドイツ風・冬の寒さ対策になる簡単な温活レシピです:

冬のかぼちゃスープ・簡単

冬のスープの簡単なおいしいレシピ(作り方)です。かぼちゃ、生姜、人参、玉ねぎ=温活食べ物を使った人気の汁物レシピです。20世紀・21世紀のドイツ家庭料理の一品です。


料理のタイプ スープ
ドイツ料理 ドイツ料理
キーワード ドイツ家庭料理, 体を温める料理, 温活レシピ
準備時間 10 minutes
調理時間 20 minutes
人数分 4 人分

材料

  • かぼちゃ 1/2個分
  • 人参 1本
  • 玉ねぎ 1個
  • 生姜 栗くらいのサイズ1つ
  • オリーブオイル(エキストラバージン)又は食用ココナッツ油(エキストラバージン) 大さじ1(12グラム程度)
  • 1リットル
  • ナツメグ 少々
  • 小さじ1
  • コショウ 少々
  • ウコン(ターメリック) 小さじ1
  • おからパウダー 小さじ1
  • お醤油(九州の甘い醤油はおすすめ) 小さじ1/2

作り方

  1. 洗ったかぼちゃをカットをする。

  2. 皮をむいた人参、玉ねぎを洗って、カットをする。

  3. 生姜の皮をむいて、すりおろす。

  4. 鍋にオイルを入れて、火をつける。オイルが温まったら玉ねぎ、人参と生姜を入れて、混ぜながら1分ぐらい炒める。

  5. 火を消す。

  6. カットしたかぼちゃと水を入れる。

  7. 野菜がやわらかくなるまで煮る。(10分・15分程度)

  8. やわらかくなったら、塩・コショウ・ウコン・ナツメグ・おからパウダーを入れて、混ぜる。

  9. 鍋にお醤油を加える。

  10. 混ぜて、完成!好みですが、ミキサーでブレンドしても美味しい。

アイディア・情報

  • お好みで、ダシの粉末(昆布や野菜出し粉末)を少し加えると味に深みが出ます。
  • アマニオイルやココナッツオイルのないときは、サラダ油でも大丈夫です。

間違った変な日本語がありましたら、大目に見てください:)日本語の文章を書くより話す方が得意な私ですが、ブログでドイツの知恵と豆知識、観光、外国語の情報を伝えていきたいと思います。ドイツ食文化・ドイツハーブ料理についてお知りになりたい方へ:ヒルデガルト講座 はおすすめです。

※ ベルリンジャパンは、当サイトに情報を掲載する際には細心の注意を払っておりますが、時として不正確な記載を含む場合があります。このような場合において、記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます。当サイトからのリンクによって得られるいかなる情報につきましても責任を負いません。